前もって知っておきたい。指輪の交換の仕方~グローブはどうする?~

指輪交換、グローブを外して準備

キリスト教式の結婚式で一番盛り上がるのが指輪交換ですよね、一生の思い出になることは間違いありません。参列者の注目が一身に集まり緊張して失敗しないためにもしっかり準備しておきましょう。未来の旦那様とリハーサルするのもいい思い出になると思います。
ウエディングドレスにはグローブが常識です。指輪交換をするためにはフィンガーレスのグローブ以外は外さないといけません。当日迷わないようにおさらいしておきましょう。
初めに左手を手の甲を体の外に向けて胸のあたりまであげます。次に右手でグローブを少し上に引き上げます、その後左手を下に下ろしてグローブから手を抜きます。外したグローブはスタッフさんに預けて下さい。
これで指輪交換の準備ができました。

指輪交換を成功させるために

いよいよ指輪交換です、ここでよくある失敗談を紹介します。結婚式と言うイベントで緊張して、会場の室温も高くなっています。普段は気にならないのですが指がむくんでいることがよくあります。購入するときはぴったりサイズで難なく入った指輪が入らないといった光景をみたことありませんか。旦那様も注目が集まる中、焦って指輪を無理やり押したりして、何とかはめようと頑張ってるんだけど、余計に入らなくて。そんな失敗をしないように事前に相談しておきましょう。もし入らなくても焦らずに無理に入れようとしないこと、抜けて落ちるようなことがなければ少しくらい浅くつけていても大丈夫です。クローブをはめてしまえば目立つこともありません。スムーズに指輪交換を成功させることを考えましょう。後になってきっと成功してよかったと思える日が来ると思います。