最高の記念日に。結婚指輪を使ったロマンティックな演出方法!!

渡すならロマンティックが一番です

人生の中で非常に重要な選択は結婚です。好きな人と同じ屋根の下で暮らすことになるのですから、非常に大きなことです。結婚を象徴するのは結婚指輪です。どうせ結婚指輪を渡すのであれば、ロマンティックに渡すというのが一番です。プロポーズするときに渡すというのが一番ロマンティックです。場面としては、相手の誕生日や付き合い始めた記念日などに、食事に誘ったりしたときに、突然渡すという方法です。しかし、これだけでは一般的で普通です。効果的な方法としては、相手にさとられないように工夫するということです。そういう意味では、タイミングをずらすということが大事です。食事をしたら、その時に渡すのではなく、プレゼントと一緒に忍ばせておくなどです。

相手への気遣いも忘れないようにしたいものです

プレゼントに忍ばせておくと、まさか指輪が入っているとは思わない彼女は驚きます。しかし、結婚指輪ば夫婦で同じデザインのものをつけるというのが普通です。同じデザインというのはお互いがいいと思うというものということです。プレゼントに忍ばせる場合には、すでに完成した者を渡すというのもいいのですが、相手が自分の選んだデザインが気にいらない場合も出てきます。そうならないためには、まずは相手へのメッセージをケースに入れて渡して、後日一緒に指輪を作りに行くという方法です。相手はケースを開けると指輪がないのに驚いて、更にメッセージで感動してくれるので、ダブルでサプライズすることができます。相手をさり気なく気遣った方法です。